大学3年、4年、向いている職種や業種は?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

年度別就職・内定状況の変化

2000年前半の低迷が目立つ。
就職氷河期再来が叫ばれる昨今だが、
統計上の就職率を見る限りでははそこまで悪化はしていない様子。
大卒の人数そのものが減少傾向にある点も大きいと思われる。


【参考1】
年卒 卒業者数 就職者数 就職率
1994 461,898  325,447  70.5
1995 493,277  331,011  67.1
1996 512,814  337,820  65.9
1997 524,512  349,271  66.6
1998 529,606  347,562  65.6
1999 532,436  320,119  60.1 
2000 538,683  300,718  55.8 
2001 545,512  312,471  57.3 
2002 547,711  311,495  56.9 
2003 544,894  299,987  55.1 
2004 548,897  306,414  55.8 
2005 551,016  329,125  59.7 
2006 558,184  355,820  63.7
2007 559,090  377,776  67.6
2008 555,690  388,480  69.9
2009 559,539  382,485  68.3
2010 541,428  329,190  60.8
2011 552,794  340,546  61.6
2012 ?


【参考2】以下↓財務省統計調査より

1986年~1989年の増加率
役員給与+賞与 21%増加
従業員給与   14%増加
株主配当     6%増加

2001年~2004年まで
役員給与+賞与 59%増加
従業員給与   -5%
株主配当    70%増加

2005年~2008年
役員給与+賞与 13%増加
従業員給与  -23%
株主配当   -18%

数字のみを見てとれば格差社会が拡大していることがわかる。

スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

スポンサード リンク

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

FC2投票

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。